【お初にお目に】初めてのメバルとご対面【かかります】

アイキャッチ エサ釣り

さて、活きエサBAGのカゴ底からブツエビが抜けることもなくなったので、バケツに入れて生かしておいたエビを戻してリベンジです。

朝マズメ狙いで早起きして再び岩見漁港の防波堤先端へと向かいました。

(本記事は、Yahoo!ブログ「迷走釣り日記」に投稿していた記事を再編したものです。2019年末で同サービスが終了するにあたって、こちらのブログに避難させてきたものになります。)

初めてのメバル

まだ暗いうちに釣り場に到着。
風もなく天気も良くなりそうな感じです。

明るくなる前にといそいそと仕掛けを支度し、針にエビを付けます。
活きエサBAGの中ではエビ達がちゃんとカゴの上にいます。
よしよし。(^^)

そうそう、今回は200円しないやっすい短い柄杓も買ってきました。
こいつでエビを撒きつつ仕掛けを投入です。
やっぱり手で撒くより断然ラクですね。(^^)

しばらく仕掛けを上げてはエサチェックしたり、エビを撒いたりしますが、アタリはありません。

そうこうしてるうちに夜が明けてきて、明るくなってきました。
明るくなるまでが勝負、と思ってたので少し焦るもののアタリが無いものはどうしようもありません。

が、ついにその時がやってきました。

それまでとちょっと違う場所に仕掛けを放り込んだとたん、ピュッとウキが沈みました。

おっ!きたっ!

引きは弱かったので、スポッと抜き上げてみてみると、おおっ!
ネット上の写真でしか見たこと無い魚が!
しかも散々憧れ続けてきた魚です!

メバルやっ!
すっごい小さいけどっ!

初メバル
まさに人生初のメバルさんと、やっとのご対面です。
小さいけどまごうことなきメバルでした。

これはとりあえず記念撮影せねばなるまいと写真を何枚か撮って、大きくなってからの再開を願いつつリリースしました。

とりあえず初めての一匹が釣れたので幸せな気分です。(^^)

(注:少し前の記事で、はじめてのメバルが釣れたって書いた記事がありますが、そちらはこの釣行よりも2か月ほど後の出来事で、メバリングで初めて釣れたメバルになります。記事にする順番が前後しているので、ややこしいですね。)

二匹目も追加

幸せな気分で再び同じところに仕掛けを放り込むと、またピュッとウキが沈みます。

上げてみると、これまたさらにびっくりするほど小さいメバルさんでした。

メバル2匹目
こちらも同じく記念撮影してリリースしました。

その後はアタリもなく、帰宅時間になったので終了となりました。

結局エビはまたもや使い切らず。
一度買うとなかなか減らないもんですね。

ということで、残念ながら手ぶらでの帰宅にはなりましたが、念願の初メバルとの対面を果たせたので、充実した釣りになりました。

これが昨年(2015年)の12月26日の出来事です。

この後、年末の釣り納めにてさんざんな目に会うのですが、この時はまだそれを知る由もありません。

つづく

↓こちらでAmazon内商品検索ができます。


コメント

タイトルとURLをコピーしました