【釣り場でグキッと】左足をくじきました【心もグキッと】

釣り場雑記

日曜日に子供と一緒に近所の釣り場へ釣りに行った際に、左足を捻挫しました。

幸い大事には至らなかったのですが、この経験を通して思ったことについて書いてみたいと思います。

釣り場の状況

下の写真の通り釣り場は石畳になっています。

釣り場 
ここは探り釣りでクジメがよく釣れるので、今回もクジメ狙いで穴を探っているところでした。

足をくじいた状況

釣り開始後、息子と一緒に探りながら徐々に場所を移動していきますが、置いてある荷物からだいぶ遠ざかってしまったので、一度荷物を移動させることにしました。

一旦荷物のところまで戻って両手に荷物を抱え、石畳の上をひょいひょいと移動して息子の方へ戻ります。
その途中、おそらく少し斜めになった石の上に足をついたのでしょう。
足をついた瞬間、左足足首がグキッとなりました。

あまりの痛みにしばらくその場に倒れこんで悶絶してましたが、少し痛みが落ち着いてきたので、息子に声をかけて釣りを中断させました。
もし続いて息子にも何かあったらとても助けられる状況ではないからです。

それから嫁さんに電話して釣り場まで助けに来てもらうことにしました。
車まで割と歩かないといけない釣り場なので、荷物を抱えて歩く自信がなかったためです。

足の状態

嫁さんに荷物を持ってもらって、痛い足を引きずりながらなんとか車まで戻りました。
くじいたのは左足なので自宅までの運転は問題なくできました。

帰ってから足を見てみると、やはりかなり腫れてます。
ですがジッとしてればさほど痛みもないので、どうやら骨折まではしてないようです。
ともかく湿布を貼って安静にしておくことにしました。

足首 
そして一夜明けた今日はなんとか出勤して仕事をしました。

足首に負荷をかけないようにそろっと歩く分には特に痛みもないので、おそらく日にち薬で治るものと思います。

今回思ったこと

釣り場で思わぬハプニングがあること自体はどうしても避けられないことだと思いますが、そのハプニングにいかに対応できるか、またしておくかが重要だと思います。

幸い今回は落水することもなく、大きな怪我をすることもなく、また手に持ってた道具もノーダメージで済みましたが、もしこれがテトラ上で起こってたらと思うと背筋が寒くなります。

両手に抱えた荷物のせいで受け身が取れずに、下手をすると頭をテトラに打ちつけるか、あるいはテトラの隙間にはまり込むかしてたかもしれません。

普段基本的にはテトラ、特に丸い足のテトラには乗らない主義ですが、平面で構成された構造のテトラには乗ることもありました。
しかしやっぱり命あっての物種なので、今後は余程のことがないとテトラには乗らないと思います。

魚はテトラのような障害物に多く付いてるでしょうから、そこを釣らないということは釣れるチャンスがますます減るということですが、命を落とすリスクを犯してまで釣りをするのはナンセンスです。

このあたりの考え方は人それぞれでしょうから、ここで他の方のやり方をとやかく言うつもりは全くありません。

ただ、やはり釣り場の危険性をしっかりと認識し、万全の対策(ヘルメットやライフジャケットなど)をして頂き、ご家族を悲しませることのないようにして頂ければと思います。


コメント

タイトルとURLをコピーしました