【遠投キス引き釣り】投げ釣り用タックルを揃えてみた【ロッド編】

アイキャッチ
スポンサード リンク

今年はやりたい釣りがたくさんあります。

その内の1つが『遠投してのキスの引き釣り』です。

近所にある波止からの投げ釣りでキスが釣れることは分かっており、実際にそこで釣ったこともあるのですが、どうも聞くところによるとその釣り場ではできるだけ遠投した方が良い釣果が得られるらしいとのこと。

が、私は残念ながら100mを超えるような遠投ができるだけのタックルを持ちあわせておりません。

となると、ここは一発買っちゃうか?ということで、今回、少し真面目に投げ釣り用のタックルについて吟味してみました。

振出か並継か

さて、何事も思い立ったら早速行動開始です。

まずはネットで投げ釣りタックルについての知識を読みあさります。
会社への行き帰りの電車の中で、ありとあらゆる投げ釣りに関する記事を読みまくりました。
その中で頻出するキーワードがあります。

それが「振出」と「並継」です。

どんなジャンルにも超高級なハイエンドモデルからお値打ちなエントリーモデルまで幅広いラインナップがありますが、投げ竿の世界にはさらに2つのカテゴリがあることがわかりました。

1つは「振出」と呼ばれる方式の竿で、竿を伸ばすときに、穂先から順に引っ張りだして伸ばすタイプのものです。
「振出」とは言っても実際に振って伸ばすわけではありませんが、便宜的にそう呼ばれているようです。

このタイプは簡単に伸ばしたり収納したりが出来ますので携行性に優れ、また価格もお手頃なことからエントリーモデルや子供用の竿に多く使われています。

一方、「並継」は何分割かされた竿を順次差し込んでいって伸ばすタイプの竿です。
差し込んで繋ぐ部分の強度が振出竿より優れるので、ルアーロッドなど比較的引きの強い魚を相手にする竿に用いられるようです。
価格は振出竿に比べると高価なものになります。

今回はダイワのラインナップだけに的を絞って見てみましたが、ダイワだけに限らずシマノも投げ竿には「振出」と「並継」のそれぞれでエントリーモデルからハイエンドモデルをラインナップしていました。

ざっくりした価格イメージは、「振出」が1万円以下(エントリー)〜5万円(ハイエンド)、「並継」が2万円(エントリー)〜13万円(ハイエンド)みたいな感じで、「振出」の中堅モデルが「並継」のエントリーモデルと同じくらいの値段になっているようです。

今回はこのあたりでどちらを選ぶかかなり悩みました。

スポンサード リンク

ラインナップを比較する

上にも少し書きましたが、今回はダイワだけに対象を絞って検討しました。
というのもダイワは「振出」「並継」とも選択肢がシマノに比べて多かったためです。

「振出」はシマノ6モデルに対しダイワ10モデル、「並継」はシマノ5モデルに対しダイワ8モデルと豊富なラインナップから選択可能となっていました。


もちろんそれぞれに価格はピンからキリまでありますので、まずは価格から絞り込んでいきます。

現時点でのAmazonでの価格を調べるとこんな感じです。
オモリ負荷30号、長さ約4mのロッドでの比較とし、遠投競技用や大物用などの特殊なものは除いています。

振出  並継 
モデル 価格 モデル 価格
トーナメントサーフT  49,000 トーナメント
マスタライズキス SMT
 131,000
スカイサーフT  37,000 トーナメント
プロキャスター 
 92,000
ランドサーフT  23,000 スカイキャスター  63,000
エクストラサーフT  19,000 プライムキャスター  30,000
プライムサーフT  9,700 パワーキャスト  22,000
リバティクラブ サーフT  8,100    

表はスクロールできます→

今回の予算の関係から買えそうな価格帯のものに色を付けてみました。
すると振出の場合は中堅モデルの2機種が、並継の場合はエントリーモデルの2機種が候補に挙がりました。

上を見ればキリが無いことは分かっているので、2万円くらいのものを中心に、よく出しても3万円までに的を絞った形です。

この4機種について、私が欲しいと思う機能や性能を比較してみることにします。

注目したポイント

この4機種を比較する上で注目したポイントがいくつかあります。

まず1つ目のポイントは「感度」です。

実は、釣りを始めた頃にわけも分からず買ったエントリーモデルの振出竿を1本持っています。

シマノのホリデーショートスピン305HT-Xです。

この竿を使ってキスのちょい投げ引き釣りをしたことがあるのですが、残念なことにキス特有のプルプルしたアタリがまったく伝わって来ず、仕掛けを上げてみたらキスが釣れていたなんてことが多々ありました。

釣りの醍醐味として、魚のアタリを感じて針を掛けていくことと、寄せてくる間の魚の抵抗を感じて楽しむというのがあると思いますが、それがこの竿では全然感じられませんでした。
なので私にとって「感度」はまず一番気になるポイントです。

「感度」を良くするための要素としては、カーボンの含有率や、ガイドの数、あとはメインラインにPEを使用することなどが挙げられると思います。

カーボン含有率が高ければ、ロッドの反発が強くなるので手元にアタリが伝わりやすくなると思われますし、ガイドも数が多いほうがラインからロッドへと振動の入ってくる点が増えるのでアタリが分かりやすくなると思われます。

またナイロンよりも伸びにくいPEラインを使用することで、アタリの振動が伸びに吸収されることなくロッドまで届くようになります。

以上より「感度」に関しては、
「カーボン含有率」
「ガイド数」
「ガイド材質がSiCか否か」
「ガイドがKガイドか否か」
を見るべきポイントに挙げました。

下2つの「SiC」と「Kガイド」はPEラインを使用するにあたって搭載されているとなお良いとされるものになります。

次に2つ目のポイントは「重量」です。

キスの引き釣りは、カレイの投げ釣りのように竿を置いてアタリをじっくり待つのではなく、常に竿を手に持って仕掛けをサビかなければなりません。

なのでリールの重量とあわせて、竿の重量もとても重要な要素です。

ということで「重量」も見るべきポイントとして挙げました。

以上、5つのポイント
カーボン含有率
ガイド数
ガイド材質
ガイドタイプ
重量
について4モデルを比較する表を作ってみました。

あ、そうそう。
大事なこと忘れてました。

最も基本的なこととして、今回検討する竿のオモリ負荷は「30号」、長さは「4.05m」としました。
ネットで色々見てみると、成人男性が扱う投げ竿としては、この辺りが最も標準的な仕様であると感じたからです。

で、その比較表ですが、こちらになります。

モデル タイプ カーボン
含有率
ガイド
ガイド
材質
ガイド
タイプ
重量 価格
プライムキャスター 並継 99% 7 オールSiC Kガイド 415g 30,000
パワーキャスト 並継 99% 7 トップのみSiC
他はハードガイド
Kガイド 410g 22,000
ランドサーフT 振出 99% 5 オールSiC Kガイド 405g 23,000
エクストラサーフT 振出 94% 5 オールSiC ノーマル
ガイド
420g 19,000

表はスクロールできます→

色を付けたところが私が欲しいと思っている機能や性能です。

こうして見ると、重量についてはあまり差がありませんね。
なので、重量に関してはどれを選ぶにしても、あまり気にしないで良さそうです。

さて、下から順番に見ていきましょう。

まずはエクストラサーフですが、ガイドがオールSiCであること以外、あまりこれを選択するメリットは無さそうです。
メリットと言えば価格が上の機種より少し安いことくらいでしょうか。

次にランドサーフとパワーキャストですが、これらはほぼ同じ価格ですが、どちらも一長一短有りな感じです。

「並継」か「振出」かの違いが最も大きいですが、それ以外だとガイド数とガイド材質に違いがあります。

感度重視で7ガイドのパワーキャストを選び、トップガイド以外がハードガイドであることに目をつぶるか、それともたとえ5ガイドでもオールSiCであるランドサーフを取るか。

飛距離のことを考えると並継であるパワーキャストの方により分がありそうに思えますが、使ってるうちにハードガイドが削れてきた!なんてことになっては困ります。

このあたりはとても悩ましいところですが、すぐ上のプライムキャスターを見ると私の欲しい機能が全部入っており、それを選べは機能的な話では何も悩むことはなくなります。

もちろんお値段以外では、の話です。

ここでプライムキャスターを選ぶと値段が一気に7〜8,000円も上がってしまうので、かなーりお財布的にダメージが痛いことになります。

ただでさえ先日、会心の一撃を食らった(会社で財布から9,000円盗み取られた)ばかりなので、この価格差はとてつもなく大きく感じます。

私の9,000円返しやがれ!コンチクショー!
。・゚・(ノД`)・゚・。

さんざん悩んだ結果

そんなこんなで、およそ2日間ほど悩みに悩みまくった結果、





パンパカパーン!

プライムキャスター
結局、我慢できずにプライムキャスターにいってしまいました!

お財布の中身だけではかなり厳しかったので(このあとリールやラインなども買わないといけないので)、クレジットカードで溜まってたポイントを全部アマゾンギフト券に替え、それを全ツッコミしました。

いやー、厳しい厳しい。(^^;;

ともあれ、買っちゃったものは仕方ないので、ここからは少しばかりプライムキャスターのレビューをしてみたいと思います。

レビュー

まずは箱から内容物を出してみました。

中身
並継なので、3分割されたロッドが入っています。
あと竿袋が付いてきてました。

並継竿は振出竿のようにコンパクトな収納はできませんので、この竿袋は運搬時の保護用としてしっかり活用しようと思います。

ロゴ
ロゴ部分です。
ロッドのカラーがシルバーで地味なので、ロゴの書体くらいは派手にしてみましたって感じでしょうか。
まあ、可もなく不可もなくって感じですね。

リールシート
次にリールシートです。
今までに買ったスライド式のリールシートを搭載したどのロッドよりも何だか高級感があります。
他のはもっと安っぽい感じですが、このリールシートはどこがどうとは言えませんが、何か良さげな感じです。
よくわからないレビューですみません。(^^;;

バランサー01
グリップのお尻をくるくるっと捻るとバランサーが出てきます。

バランサー02
バランサーは2分割でき、装着する数を変えることでロッドの前後バランスを調節することができます。
とりあえずは、そのまま2つとも装着して使ってみることにします。

ガイド
ガイドリングはSiCで、ガイドはKガイドが採用されています。
なのでこのロッドはPEの使用が前提となっているものと思われます。

1番節
先ほどのガイドは2番節に装着されているガイドですが、こちらは1番節に装着されている残りの6個です。
いずれもSiCリングのKガイドとなっています。

あと、ここで1つ気になったことがあります。

ホームページには下のように「合わせマークシール」と書いてあり、竿を組み立てるときにガイドがまっすぐになるような指標となる「合わせマーク」が付いているはずなのですが、竿本体にはどこにもそれらしきマーキングは見当たりません。

合わせマークシール01
が、よくよく見てみると、「合わせマーク」ではなく「合わせマークシール」と書いてあります。
ひょっとして?と取扱説明書が入っている袋を見てみたところ、

ビンゴ!

「合わせマークシール」が入ってました。

合わせマークシール02
使い方は裏面に書いてありました。

合わせマークシール03
どうやら位置決めをして、自分でこのシールを貼れということのようです。

これはまた後日、落ち着いてゆっくりと貼りたいと思います。

まとめ

ということで、投げ釣り用のロッドは「プライムキャスター 30号-405」に決まりました。

お次はリールを買わねばなりません。
また他にもPEラインやちから糸にスナップ、天秤などなど、釣行に必要な小物類も揃える必要があります。

このあたりについては、次の記事にてご紹介したいと思います。

スポンサード リンク

↓こちらでAmazon内商品検索ができます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連する記事