【捌き方は】ヒイカの一夜干し作りました【我流です】

アイキャッチ魚料理

先日釣ってきたヒイカですが、大半を一夜干しにしてみました。

ヒイカのさばき方ですが何杯かさばいているうちに「このやり方がやりやすいかな?」というのがありましたので、『てぃーく流』ですが、私なりのさばき方をご紹介します。

まあ至って普通の方法と思いますが。

墨を出す

最初にイカ全体をざっと水洗いします。

それから親指の腹でイカの墨を絞り出します。
下の写真のあたりをしごくようにすれば出てきます。
流水で流しながらやるといいと思います。

墨を出す

ここである程度しっかり墨を出しておくと、後でさばく時にまな板の上が真っ黒にならなくてやりやすくなります。

胴体を開く

水管のある側から包丁を入れます。

包丁を入れる

ここから胴体の先っぽに向かって切り開きます。

胴体を切り開く

開けました。

切り開き完了

ワタを取る

次に胴体の中に張り付いているワタを取ります。
これは手でむしり取ればオッケーです。

この時に、最初にしっかり墨を出せてないと真っ黒けになってやりにくいです。

ワタを取る

目玉と口を取る

目玉のすぐ内側あたりギリギリのところに包丁で少し切れ目を入れます。
反対側の目も同じようにします。

目玉切れ目

次に足の付け根あたりを正中線に沿って切れ目を入れます。

正中線切れ目

切り開くといわゆるカラストンビと言われる口の部分が見えます。
下の写真の刃の下辺りに見える薄黄色い丸いやつです。

口が見える

これを指でつまんで引っ張って取り出します。

口を取り出す

次に目玉を取り出しますが、外側から押すようにすると、最初に入れた切れ目からニュルリと出てきます。

目玉押し

目玉取り出し

反対側も同じように目玉を取り出します。

軟甲を取る

下の写真のあたりを探すとちょっと硬いものが引っかかります。
ここをとっかかりにして爪でつまんで軟甲を取り出します。

とっかかり

ペリペリと剥がします。

軟甲を取る

そして最後にぐいっと引き抜くと、

軟甲取れた

取れました!

もう一度水洗い

最後にもう一度水洗いして細かい汚れやワタのカスなどを取り除きます。

開き完成

あとはキッチンペーパーなどで水分を軽く拭き取れば完成です!

反省点

一応上記で完成としてもいいのですが、後でわかったことがありました。
干物にする時に水管のところがなかなか乾きにくいのです。

なので、できれば下の写真のように水管のところも切って開いておくといいかと思います。

水管を開く

塩水に漬ける

今回は5%濃度の塩水に5分間漬けました。
この辺りは最適な濃度と時間がどの程度なのか何度か試してみる必要があるかと思いますが、少々薄めの味付けでも、食べる時に醤油かけたり七味マヨネーズをつけて食べたりと色々やりようはあると思います。

塩水漬け

陰干しする

キッチンペーパーなどで水分を拭き取ってから干し網に入れて干します。

干し網1

干し時間は一夜干しというくらいですから、概ね一晩か24時間くらいで良いのかもしれませんが、この時はたまたま雨が降ってて湿度が高かったせいか、乾きが悪かったです。

なのでほぼ丸二日干しました。

干し網2

完成しました

表面が少ししっとりしている程度まで乾けば完成です。
もっとカリカリに乾燥しているのが好きな方はさらに長時間干せば良いと思います。

一夜干し完成

冷凍保存する

一度に全部食べない場合は、ラップに包んでジップロックに入れて冷凍しておきます。

ジップロック

まとめ

ということで初めてヒイカの一夜干しつくってみました。
残念ながらタイミング悪く、味見はまだしていません。

次に食べた際に感想を追記したいと思います。

尚、さばき方は完全に我流なので、『もっとこうした方がいいよ!』というご意見がありましたら是非コメントお願い致します。


コメント

  1. 光ちゃん より:

    良い感じに仕上がって美味しそうです。
    捌き方もプロみたいですよ。

    • てぃーく より:

      ありがとうございます。
      プロには程遠いですが、それなりになんとかなってます。(汗)
      一夜干しは明日の晩御飯にでも焼いて食べようかなと思ってます。

  2. スパイディーマン より:

    お疲れ様です。
    凄いです。魚介料理のレシピ本みたいです。是非、てぃーくさん流の魚捌き見てみたいです。

    • てぃーく より:

      ありがとうございます。
      いやお恥ずかしい限りです。
      写真はできるだけブログで見せられるように撮っているつもりですが、実際の包丁さばきはたどたどしいことこの上ないですよ。
      YouTubeなどでプロの包丁さばきを見ると、うっとりします。そこまでの領域に達しなくても、もう少しスムーズに捌けるようになりたいです。

タイトルとURLをコピーしました