【穴を攻めるぞ!】穴釣り用の道具を揃えてみる【リール編】

アイキャッチ 釣り道具

以前からちょっと真面目にやってみたいと思っていた釣りがあります。

それは「穴釣り」です。

これまでに穴釣りはいくらでもやってきてはいるのですが、大抵は手持ちのタックルを使いまわしての釣りだったため、今ひとつ釣り方と道具がマッチしておりませんでした。
いわゆる「帯に短し襷(たすき)に長し」の状態であり、そのせいか「今ひとつ面白くないなぁ」と感じていました。

なので、今回ちょっと真面目に?穴釣り用の道具を揃えてみることにしました。
今回はそのリール編です。

これまでの穴釣り

これまで穴釣りをする場合には、手持ちのスピニングロッド、例えば長さが8.6フィート(約2.6m)もあるエギングロッドを使ったり、あるいは息子に買ってあげたタカミヤ(釣具のポイント)製の激安入門リールとロッドを使っていました。

しかし、テトラポッドの穴に仕掛けを落として回るのに、さすがに2.6mもある竿では小回りがきかなさすぎます。
またタカミヤのグラス100%の入門ロッドではコシが無さすぎて、グニャグニャして釣りにくくて仕方がありません。

そして何よりやりにくいのが、いずれもリールがスピニングリールだということです。

少しだけ仕掛けを送り込みたいという時などに、いちいちベールを起こしたり戻したりカチャカチャやる必要がありますが、それがあまりにもスマートさに欠けるし、そのせいでやる気がだんだん削がれていきます。

なので、これから真面目にやる穴釣り用のタックルは、小型タイコリールに専用ロッドを組み合わせたものを購入しようということで、リールとロッドについてそれぞれ検討してみました。

今回はまず小型の両軸リール(タイコリール)をどれにするか検討しました。

ダイワとシマノ

小型のタイコリールとして有名なのは、ダイワの「スーパーコロネット」シマノの「クラブデミ」の2つがあります。

釣具屋に行けば、他にも激安のメーカー不明タイコリールがワゴンの中に無操作に入れられて販売されてますが、それらは安物買いの銭失いになりそうなので、今回は検討対象から外しました。

ダイワ「スーパーコロネット」

まずはダイワの「スーパーコロネット」です。

スーパーコロネット
画像出典:ダイワ スーパーコロネットのHPより

注:現在はリニューアルされて「コロネットII 」になっています。

見ての通り、黒くてコロンとしたクラシックな感じのするタイコリールです。
サイズは3種類ラインナップされており、それぞれ仕様は以下の通りとなっています。

 型番 ギヤ比 自重
(g)
実用耐力
(kg)
標準糸巻量
(号)-m
メーカー希望
本体価格(円) 
ST-5RL 3.7  83  1.5-75、2-50、3-35  3,300
ST-7RL 3.7  86   1.5-90、2-65、3-45 3,400 
ST-10RL 4.1  102   1.5-100、2-75、3-50 3,500 

こうして比べてみると、ST-5RLとST-7RLがほぼ同じくらいのサイズで、ST-10RLがやや大きめサイズとなっています。

この中で私が買うとしたらST-5RLかST-7RLのいずれかですね。
15mほどの糸巻量の差はほとんど気にしなくて良いと思われます。

ST-10RLはやや重いので機動性を重視する穴釣りにはちょっとどうかな?というところですが、そんなに気にするほどでは無いのではないかと思います。

シマノ「クラブデミ」

次にシマノの「クラブデミ」です。

クラブデミ
画像出典:シマノ クラブデミのHPより

こちらも見た目的には似たような感じですが、スーパーコロネットよりはややモダンなイメージでしょうか。

これもスーパーコロネットと同様に3サイズがラインナップされています。

 型番 ギヤ比 自重
(g)
実用耐力
(kg)
標準糸巻量
(号)-m
メーカー希望
本体価格(円) 
10RL 4.3  95  1.5-100、2-75、3-50 3,500
15RL 4.3  100  1.5-120、2-100、3-65 3,500 
20RL 4.3  110  1.5-180、2-150、3-100 3,500 

スーパーコロネットと比べると、いずれもややハイギヤで、糸巻量も多くなっており、その分重量も増している感じです。

ちなみにクラブデミはカラーがブルーとブラウンの2種類から選べます。
上の写真はブルーです。

この中で私が買うとしたら、一番軽い10RLを選ぶと思います。

基本機能

基本的な機能はいずれも似たようなもので、共通する機能としては以下が挙げられます。

  • スプールワンタッチ脱着機構
  • 糸噛み防止機構
  • 右巻き、左巻き切換可能な左右両用RL方式
  • ストッパー、クリック、フリーの3段式ON、OFF切換ストッパー
  • 糸止め付き

上記の表現はスーパーコロネットの機能表示で表していますが、クラブデミも同様の機能を備えています。

なので、スーパーコロネットとクラブデミのどちらを選んでも、使い勝手に大きな差は無いと言えると思います。

要するに好みで選べば良いということですね。

スーパーコロネットを購入

そして結果的に私は、ダイワ スーパーコロネットのST-7RLを購入しました。

外箱
外箱側面
クラブデミではなくスーパーコロネットを選んだ理由は、「デザインにレトロ感があって雰囲気が良かったから」です。(^^)

また3サイズのうち、ST-7RLを選んだ理由は、「Amazonで一番安かったから」です。(^^;;

サイズ的にはST-5RLで良かったんですが、なぜかAmazonではST-7RLの方が安かったのでこちらを選びました。

糸巻き量なんて穴釣りで何十mも糸を出すわけじゃないし、機動性を重視すれば一番軽いやつでいいのですが、まあST-5RLよりたった3g重いだけだし、価格が安いならそれでいいんじゃね?ってことでST-7RLになりました。

外観

箱からリールを取り出してみました。

まず第一印象は「めっちゃ小さいな」です。

外観
そして、すごくシンプルです。

バス用のベイトリールなどによくあるスプールをフリーにするためのクラッチや、糸をスプールに均等に巻くためのレベルワインダーなどはなく、またドラグもありません。

あるのは「ON」「CLICK」「OFF」の切り替えレバーと、スプールの回転の軽さを調整するためのダイヤルだけです。

切り替え部
なお「ON」「CLICK」「OFF」の意味ですが、それぞれ次のとおりです。

「ON」にセットすると、ハンドル(スプール)が一方向にしか回転せず、逆転はしない(できない)状態になります。

「OFF」はハンドル(スプール)がどちらにでも回転できる状態になります。

「CLICK」は「OFF」と同じですが、ハンドルを回す(スプールが回ると)とカリカリと音が出ます。
一昔前のスピニングリールもカリカリ音が出てましたが、そんな感じです。

今の若い人は知らないんだろうな、あのカリカリ音。(^^)

余談ですが、Amazonビデオで「釣りキチ三平」見てたら、リール巻くときにカリカリ言ってました。
さすがは昭和のアニメ、時代を感じますね。(^^)

簡単な使い方説明

ところで、いわゆる普通のベイトリールしか使ったことない方は驚くかもしれませんが(私もこのリールの現物を触るまで知りませんでしたが)、上でも少し書いた通りスプールをフリーにするためのクラッチなるものは存在しません。

よって、糸を出すときはレバーを「OFF」の位置にセットし、そしてオモリの重さで糸を出してやるのですが、この時スプールが回転すると必ずハンドルも一緒に回転します。
スプールとハンドルは常に直結しています。

なので、もしベイトリールと同じようにその状態でオモリをキャストしようものなら、スプールと一緒にハンドルもえらい勢いで回ることになります。
まあ、さすがにこのリールでそんなことする人はいないと思いますがw

従って穴釣りで糸を送り出したり巻き上げたりを繰り返す場合には、レバーを「OFF」の位置にしておいて、常に親指でスプールを押さえておいてやる必要があります。

オモリの重さで糸を出す時は親指の押さえる力を緩めてスルスルと糸を出してやり、巻き上げるときはハンドルを回して巻き上げます。

そして魚が掛かったら、まずは親指でグッとスプールを押さえてやり、糸を出されないようにして、それからハンドルで巻き上げてやります。

このリールはそんな具合に親指とハンドルを使って扱うことになります。

ざっくりとした使い方はそんな感じです。

糸を巻く

さて、とりあえずこのリールを使うためには糸を巻いてやらねばなりません。

手近にあった2号だか3号だかの糸を巻いてみます。
なお、リールへの糸巻きにはいつものごとく『高速リサイクラー2.0』を使います。

高速リサイクラーについてはこちらの記事が参考になると思います。

高速リサイクラーを使ってリールに糸を巻いていきます。

糸を巻く
ここでちょっとやりにくいなと思ったのが、上の方でも少し書きましたが、このリールにはレベルワインダー、つまり糸を均等に巻いていくための機構(スプールの幅方向を往復移動するガイドのようなアレ)が無いため、自分で糸の巻かれる位置を調整してやらないといけないということです。

できるだけ糸が均等になるように巻いてみましたが、ちょっとデコボコしてるのが上の写真からもわかると思います。

まあ実際の穴釣りにおいては、バス釣りなどとは違ってたかだか2〜5mほど真っ直ぐ糸を下ろすだけなので、そもそもそんなに沢山の糸を巻いておく必要もなく、またその程度の糸の出し入れで巻き方に偏りが出るほどのものでもありません。

なので、「ある程度適当に糸が巻いてあればいい」というくらいに軽く考えておけば良いのだと思います。

左ハンドル化

ところで、上の写真ではすでにハンドルを左巻き用に変更してありますが、箱から出した時点では右巻き用の設定になっていました。

右巻き用から左巻き用への切り替えはとても簡単で、ハンドルの付いている側のサイドカバーをパカッと開けて、内部にある切り替え用のパーツの位置を変更してやるだけです。

写真はありませんが、取扱説明書を見ながらやれば誰でも簡単にできるようになっています。

右巻き(右ハンドル)が使いやすいという方は、箱から出せばそのまま使用できます。

まとめ

ということで、今回は穴釣りに使う小型のタイコリールである「ダイワ スーパーコロネット ST-7RL」についてご紹介しましたが、おそらくシマノのクラブデミもほぼ同じ、というか全く同じ使い勝手だと思います。

次回はこのリールと組み合わせて使う穴釣り用のロッドについてご紹介したいと思います。

↓こちらでAmazon内商品検索ができます。


コメント

タイトルとURLをコピーしました