【豆アジの南蛮漬け】釣ってきた魚とタコを頂きました【タコのお刺身】

アイキャッチ魚料理

またまた更新が遅くなりましたが、前回日本海で釣ってきた豆アジとタコを調理して美味しく頂きましたので、その件について書いてみたいと思います。

タコを処理する

まずはタコから手がけていきます。

タコは内臓と目玉とクチバシを現地で取り除いてきてましたので、あとはヌメリを取って茹でるだけでいいので簡単です。

内臓と目玉とクチバシの取り方は、いつも参考にさせて頂いているこちらのページがとても詳しいです。

タコのさばき方 ~ 料理前の下処理方法

塩もみは家でやるとして、不要部分の除去だけ現場でやってきました。

ちなみに塩もみ前に重さを計ってみたところ、737gありました。

塩もみ前
捨てた内臓の重さはもはやわかんないですが、たぶん100gくらいはあったんではないかと思います。

仮に内臓が100gだったとしたら、837gとまあまあな大きさですね。(^^)

このタコをボウルに入れ、塩をたっぷりぶっかけて揉みまくります。
ヌメリが泡々になるまで揉みます。

そしてヌルヌルの泡々を水で洗い流し、ヌメリがまだ残っていたらまた塩をぶっかけて揉みまくります。

今回は3回ほど繰り返したら、ヌメリのないキュキュッとした感じのお肌になりました。

ここでもう一度重さを計ってみると、

塩もみ後
695gに減っちゃいました。
塩揉みで水分が抜けてしまったんですかね?(^^;;

なお、塩揉みして水洗いする際には、吸盤の中に残っているゴミも1つ1つ丁寧に取り除いた方がいいです。
ゴミは食べたくないですからね。

タコを茹でる

塩揉みして身綺麗になったタコを茹でます。

深めの鍋に水をたっぷり入れ、沸騰したところに足の先からゆっくり入れていきます。
足の先からクルクルと巻いてくるのがおもしろいですよね。(^^)

そして全体を入れるも、入り切らない。(^^;;

茹でタコ1
もっと水が必要だったようです。

仕方ないのでたまに裏返して、満遍なく熱が通るようにします。

茹でタコ2
たまに裏返しながら10分ほど茹でたら、用意しておいた氷水を入れたボウルに移し、キュッと締めてやります。

十分冷めたらあとは足の股のところで切り分けて茹でタコ完成です。

ここまで出来たらあとは刺身にするなりなんなり、なんでも出来ます。

豆アジの下処理

さて次は93匹の豆アジを処理しないといけません。

豆アジ
1匹1匹を包丁で捌いてたらいくら時間があっても足りないので、指で処理していきます。

そのやり方はこちらの動画の通りです。


出展:http://www.nazotoki-k.com/

エラブタを開いて人差し指と親指を突っ込み、そのままむしると内臓も一緒に取れてきます。

水道から水をチョロチョロ出しといて、エラと腹わたをむしったら、その水で腹の中を洗ってやればオーケーです。

体表のヌメリもこの時一緒に軽く洗います。
ウロコとゼイゴは取りません。
頭もそのまま残します。

7〜8cmの豆アジなら揚げちゃえばそのまま食べられますので、大丈夫です。
気になる人は頭は取ってしまってもいいかもですね。

タコとアジを調理する

まずタコは刺身タコキムチ酢の物になりました。

タコ料理
タコキムチは漬け込みが足りないのでキュウリに味が染むまで翌日まで冷蔵庫で寝かしておくとして、刺身と酢の物は当日の晩酌のアテになりました。

アジは下処理したものがご近所さんに30匹おすそ分けされましたが、残りの63匹の内53匹は南蛮漬けに、さらに残りの10匹は唐揚げになりました。

南蛮漬けと唐揚げは釣りの翌日に午前中から揚げ始め、昼頃に酢に漬け込み、晩御飯頃には味が染みているであろうと想定して進めます。

作り方はこちらを見てやりました。

味付けはこのレシピに書いてありますが、甘めがお好みの場合は少し砂糖を増やすといいと思います。
実際、砂糖を増やさないで作ったら、私には少し酸っぱめでした。

尚、唐揚げはアジ全部が南蛮漬けじゃ面白くないな、ということで揚げてる途中で路線変更になったものです。

そしてまだたくさん残っているタコですが、再び刺身にしたのと(刺身はいくら食っても美味い)、タコ飯を作ってみました。

タコ飯の作り方はこちらを見てやりました。

そして炊き上がったのがこちら。

タコ飯炊き上がり
茶碗に盛り付けて。

タコ飯
なかなか美味しそう!(^^)

まとめ

ということで、釣り翌日の晩御飯は、なかなか豪勢になりました。

完成
一番奥に写っているアジ南蛮漬けは大きめのタッパー2つ分出来たので、数日楽しめました。

またタコの刺身が美味いのは間違いないし、タコ飯もすごく美味しく出来てました。

自分で釣った魚や獲物を自分で調理して美味しく頂くのって、とてもいいものですよね。(^^)


コメント

タイトルとURLをコピーしました