【ヤマハ】レンタルボートで船長として初出船!【シースタイル】

アイキャッチエサ釣り

今年の4月に小型船舶操縦士免許を取得して約半年、なかなか船に乗る機会に恵まれませんでしたが、ようやく船長として初の船出を果たしてきました。

ただ単に船に乗るだけだとなんなので、ついでにちょこっと釣りにも挑戦してきました。

ボートを借りる

4月に小型船舶操縦士免許を取得し、その直後にヤマハのレンタルボートクラブ「シースタイル」に入会しました。

というのも、シースタイルと提携しているマリーナで免許を取得し、そこから1ヶ月以内に入会すれば、ボートレンタル代金が5000円引きになる割引券が2枚もらえるとのことだったので、すぐさま入会しました。

ちなみに入会金は21,600円、月会費は3,240円で、船を借りても借りなくても会費は毎月払わないといけません。(実際には2ヶ月分6,480円を2ヶ月毎に支払う)

さらにボートを借りる際は、ボートのサイズや種類、時間帯、季節に応じたレンタル代金を別途支払わなければなりません。
なかなかのセレブ仕様な会員システムです。

ボートのレンタル代金はピンキリで、安いものだと4,400円(平日3時間)、高いもので85,000(同平日3時間)です。

なお借りれるボートはそのマリーナが所有している中からしか選択できません。
なので上記の4,400円のボートを借りたいと思っても、利用したいマリーナがそのボートを所有していなければ借りることはできません。

ボートフィッシングに使える船で、多くのマリーナで所有されているものは、大体8,000円〜15,000円くらいのものが多いようです。

今回レンタルしたボート

今回レンタルした船ボートは、ヤマハ「AS-21WB」という船です。

AS-21WB画像出展︰ヤマハ シースタイルのHPより

定員6人のボートで、トーイングやフィッシング、クルージングなどオールマイティに使えるタイプのもので、多くのマリーナがこの船を所有しています。

レンタル代金も比較的手頃で、土日祝祭日の3時間で13,300円です。(10月〜5月のオフシーズン価格)
これに走った分だけの燃料代が加算されます。

定員は6人とありますが、実際に竿を出すとなれば快適に釣りができるのはせいぜい3人までだと思います。
3人で割ればさほどお高い料金ではないですよね。

ともかく今回はこの船を借りて出船しました。

いよいよ出航

2018年10月20日(土) 9:30〜12:30

晴れ 微風

今回利用させてもらったのは「日生マリーナ赤穂店」さんです。

9時半からのレンタル開始なので、少し早めの9時に着くように出発しました。
なんせボートのレンタルは初めてのことなので、早めに着いてわからないことなどを聞いておかなければなりません。

予定通り9時頃に到着して受付を済ますと、早速ボートへと案内されます。

尚、ボートに乗るには必ずライフジャケットを着用しなければなりませんが、なんと息子用のライジャケは未開封の販売品をその場で開けてくれて、無償で貸出ししてくれました。

私は腰巻きタイプの桜マーク付きを持ってますが、嫁さんのはボートに備え付けのもの(法定備品)を使うことにしました。

ライジャケの準備ができたら早速ボートに荷物を積み込みます。

荷物積み込み
一応、釣りをするつもりで、ちょい投げができる釣り道具とイシゴカイを持ってきました。

まあキスかハゼかチャリコくらいは釣れるんではないかと思いますが、今回はボートに乗ることが主目的なので、釣果は二の次です。

さて、荷物の積み込みが終わったら早速出航です。
久しぶりの操船、というか免許の実技試験依頼の操船です。

おそるおそるエンジンを始動し、冷却水が出ていることを確認し、少し暖気運転をします。

そして息子と嫁さんを着席させたら、もやいを解き、運転席に座りレバーを後進に入れます。
少しずつボートがバックして桟橋から離れていきます。

桟橋から一定距離離れたところでレバーを前進に入れます。
そして徐々にレバーを倒して回転数を上げ、加速していきます。

出航
おー、これこれ、この感じ!
気持ちいぃー!
やっぱり自分で操縦する船はサイコーですな!

とりあえずショートクルージングとして、桟橋から見て西にある小島を目指します。

その小島を眺めつつぐるっと回り込んでから、また桟橋のあった方向に戻り、さらに桟橋を通り過ぎて目指す釣り場へと向かいます。

目指す釣り場といっても、特にそこで何かが釣れるという確証があるわけではなく、なんとなく海岸の様子から根掛かりしにくそうかも?と思える場所へ行ってみるだけです。

あとは魚探が表示する地形などを見ながら、魚がいそうな場所を探します。
岸からはあまり離れていない、適当なところで停船しました。

まずは潮と風に流されながら、ちょい投げで底を探ってみることにします。

釣り開始

まずは息子の釣り竿と仕掛けを用意します。
そして親切にもエサまで付けてあげてから、竿を渡します。

息子が投げては底をズル引いてを繰り返している間に、こちらも自分の仕掛けを用意します。

そして私も同様に釣りを始めます。

しばらくは二人ともアタリがありませんでしたが、そのうち息子の竿に魚がかかりました。

上げてみると何やら2匹ぶら下がっています。

シログチ?
これまでに見たことない魚です。
写真ではわかりにくいですが、やたらと銀色ピカピカした魚です。

美味いかどうかは別としてとりあえずキープすることにしました。

後で調べてみたんですが、おそらく「シログチ」という魚なのではないかと思うのですが自信ありません。

なんて魚?
ご存知の方いましたら教えて下さい。

それからもポツポツと釣れはするのですが、たいていはメッチャ小さい5cmくらいのハゼ?みたいなやつです。
仕掛けを上げてみたら針に付いている、というくらいなーんのアタリも感じない魚です。

そんなやつを釣っては逃し、釣っては逃ししてたら、どうやら息子が飽きてきた様子。
竿をほっぽりだして、持ってきてたおやつを食べ始めました。

大物ヒットなるも?

仕方ないので私一人で釣りを続けます。

投げて仕掛けを底まで沈め、ズルズル引いてくるとググッと重いアタリがありました。

すかさずアワセるとかなり良い引きをします。

息子に「なんか大きいのきたで!」と竿を渡してあげます。

息子が魚の引きに負けまいとすごい勢いでゴリ巻きし始めたので、「ゆっくり巻いて!そんなに巻いたら糸が切れる!」とアドバイスします。

息子はアドバイスに従いゆっくりと巻き上げてきますが、時折竿先が水面に刺さるほど強い引きを見せています。

なんの魚かわからんけど、これはどうもタモ入れせなあかんサイズやなと思い、念の為持ってきておいたタモを取りに船首の方に向かいます。(息子は船尾で魚と格闘中)

そしてタモを手に取った瞬間、後ろから「あっ!」という息子と嫁さんの声が上がりました。

ん?何ごと?と思って振り返ってみると、二人とも時間が止まったかのように呆然としています。

どうやら魚に逃げられてしまったようです。

嫁さん曰く、魚が水面に顔を出した時、息子はそのまま魚を取り込むべく抜き上げようとしたとのこと。

そして魚の重さに耐えられなかったハリスがプチッといってしまったと。

嫁さんの目撃証言によれば、魚の頭は丸く平たい感じで、胴体は細長く、頭の幅は10cmくらいあったようです。

それってどう考えてもマ! ゴ! チ!ですよね。(^^;;

頭の幅が10cmくらいあったということは、サイズ的には40cmくらいあったんではないでしょうか?
(すみません、マゴチ釣ったことないんで、よくわかりませんw)

息子はこれまでタモを使わないといけないようなサイズの魚を釣ったことがなく、どんな魚でも普通に釣り上げてぶら下げられると思っていたようです。

私もそんなことはこれまで教えてなかったし、まさか息子が抜き上げようとするとも思ってませんでした。

その後、しばらく息子はえらく落ち込んでましたが、「まあそんなこともあるわー、これも経験やん?気にしない気にしない。」となだめすかして、ようやく釣りを再開させました。

でも内心は、
「あー、もったいない、これが釣れてたら、ええ思い出になったのになー。タモ取ってくるまで待っときよ!って言っておけば良かったかなー。」
と、息子に負けず劣らず残念な気持ちでいっぱいでした。

まあこれはこれで別の意味で良い思い出になりましたけどね。

そして帰港へ

その後も釣りは続けますが、ボートはどんどん風に流されるので、時々エンジンをかけてポイントを移動します。

そしてまたエンジンを止め、自然に流されながら釣りをします。

釣り1
想像ではもっとガンガン船が流されて、釣りどころではないくらいに船の移動が忙しいのかと思ってましたが、案外そうでもなく、意外とのんびりと釣りが出来ました。

これなら一人でボートを借りて出船しても、手前船頭で釣りが楽しめそうです。

その後は、キスを何匹か追加したり、初めてメゴチ(マゴチにあらず)が釣れたり、ハゼも釣れたりしました。

キス
息子もなんとか気持ちを持ち直したのか、一人で釣りをしています。

釣り2
船尾で釣りをする息子の後ろ姿、なかなか様になってますよね?

そんな感じでのんびりと釣りをしましたが、そろそろ船を返す時間が迫って来ました。

もうこれでおしまいにしようと仕掛けを投げ、ズルズル引いてくると、途中でズヌーッとした重みが乗りました。
あー、なんか海藻かゴミ袋でも引っ掛けたな?と思いましたが、ふと、いやこれはアレかも?と思い直しました。

ゴミ袋をかけたような重みと言えばアレですよね。

そう、タコです。

これは間違いなくタコやな、と思いながら巻き上げてみると、予想通りイイダコが掛かっていました。

船内に取り込むとタコが船体に張り付いて取れなくなりました。
そしてそのまま這って逃げて行こうとします。(^^;;
慌ててナイフを取ってきて締めましたが、バタバタしたせいで写真撮るのを忘れてました。

とまあ、そんな感じで釣りを終えて納竿し、一路桟橋へと戻ることにしました。

桟橋にて

桟橋まではまた10分ほどのショートクルーズです。

ショートクルーズ
さっきと同じような画像ですみません。(^^;;

ご覧の通り天気も良く、寒くもなく、実に気持ちの良いクルージングを楽しみながら桟橋へと向かいます。

そして桟橋が近づいてきたら速度を落とし、微速で桟橋へとアプローチしていきます。
試験の時は桟橋に左舷着岸しましたが、今回は右舷着岸です。

と言っても、思っていたほど難しくもなく、割と簡単に着岸ができました。

ロープを持って桟橋に移りクリートにロープを結びますが、一瞬クリート結びを忘れてしまいちょっと焦りました。(^^;;

なんとか思い出しながら前後のロープを結んだら、嫁さんと息子に事務所へ帰港の報告に行ってもらいます。
その間に私は荷物を降ろしておきました。

船内の片付けが済んだら、マリーナのスタッフがボートを陸揚げします。

ボート陸揚げ1
ボート陸揚げ2
あー、これが自分のボートだったらなぁ、なんて思いながら作業を眺めていました。

ちなみにこのボート「ヤマハ AS-21WB」ですが、中古で買うと(というかもう新品では売ってない?)、大体250〜300万円くらいします。
普通乗用車が新車で買える値段ですね。

もし仮に船体が買えたとしても、年間の維持費が安く見積もっても20万円くらいはかかると思われます。

私のような普通のサラリーマンの安月給では、とてもじゃないけどボートの所有は無理っすな。

やっぱり当面はレンタルで我慢することにします。
(レンタル会員の維持だけでも小遣い的にはキツイんですけどね、、、)

あ、ちなみに今回の燃料代は、6.2リットル使用で1,178円でした。(1リットル190円の超お高いガソリンでした。orz)
ほとんど走らずに、ぷかぷか浮いてただけだったので、燃料代自体はかなり安く上がった方だと思います。

利用明細
最終的に支払った金額は、5,000円の割引券を使って9,478円でした。

まとめ

ということで、初めてのボートでの出船はまずまず楽しいものとなりました。

ちなみに釣果はというと、こんな感じでした。

釣果
ホントにぱっとしない釣果ですね。(^^;;

いずれもこの夜に、天ぷらとして食されました。
初めて釣ったよくわからん魚も天ぷらにすればそれなりに美味しかったです。

惜しむらくは、息子が逃がしてしまったマゴチ(と思われる魚)です。
あれが釣れてればなお良かったんですけどねー。

実はこの夜、息子と一緒に風呂から上がったあと、突然息子がシクシクと泣きだしました。

というのも、今日の経験を踏まえて、風呂の中で少し水の浮力の話と実験をしてみたんです。

湯船に息子が浸かっている状態から、手を持って徐々に息子を引っ張り上げると、体が水から出てくるに従って手にかかる力が強くなってくる、という実験です。

今日ラインが切れてしまったのは、これと同じことが起こったんだよ、と説明した後だったので、実際に自分が魚を逃した瞬間を思い出してしまったんでしょう。
しばらくシクシクと泣いてました。

まあ、これも彼にとっては良い経験になったことでしょう。うんうん。(^^)

さて、次はまたいつボート借りれるかなぁ。
さすがに一人で借りるにはお財布的に厳しいので、どなたか一緒に乗ってくれるとありがたいです。
新米船長でよければですが。(^^;;

↓こちらでAmazon内商品検索ができます。


コメント

  1. ホワイト より:

    こんにちは。
    分からない魚はグチですね。白か黒かわからないけど(笑)。グーグー鳴いてませんでしたか?
    マゴチ残念でしたね。息子さん以前にミニマゴチ釣られてませんでしたか?
    浮力の実験ってさすが理系ですね。個人での船釣りも、釣れるポイントがざっくりでいいから分ければ言うことないですね。

    • てぃーく より:

      コメントありがとうございます。(^^)
      やはりグチなんですね。初めて釣りました。
      でも特に鳴いてたりはしなかったと思います。(覚えてないだけかも)

      息子は明らかに私より魚に対する何か運みたいなものを持ってます。
      でも、以前に息子が釣ったマゴチも、今回のマゴチ(かもしれない魚)も私が掛けたんですけどね。(^^;;

      船釣りのポイントは経験積まないとダメでしょうね。残念ながら経験積むためのお金がありません。orz

  2. けん より:

    はじめまして
    なんだかほっこりしました

    いいお父さんですね

    私も釣りが好きでしょっちゅう行ってます

    ご近所さんみたいですね
    ( *՞ਊ՞*)ノ 

    • てぃーく より:

      コメントありがとうございます。

      ご近所さんでしたら、どこかでお会いするかもですね。
      クーラーボックスにこのブログのタイトルロゴ貼ってるので、見かけたら声かけて下さい。(^^)

タイトルとURLをコピーしました