【テンカラ】渓流でついに初のお魚をキャッチ!【渓流釣り】

アイキャッチ 渓流釣り

3月終わり頃の渓流釣行でボウズを食らった帰り道、その近くにある釣具屋さんで話を聞いたところ、渓流での釣りは羽虫が飛び始めるゴールデンウィークからがシーズンだよと聞いていました。

そしてそのゴールデンウィークがついにやってきたので、再び渓流へと繰り出してみました。

 釣り場の雰囲気が違う

まずは、前回3月の終わりの釣行でボウズを食らった川に行ってみます。
この1か月ちょっとの期間でどの程度環境が変わっているのかを確認するためです。

釣り場に着いてまず思ったのが、全然寒くないということです。

前回来た時はアウターとしてイージスオーシャンを着ないと寒くて仕方がありませんでしたが、今回はもう少し軽めのコットンパーカー(冒険用品のミリタリーパーカー)を羽織る程度でいけそうです。

インナーには同じく冒険用品のアルタミラを着ています。

この2枚だけで十分な程度まで季節が進んできているようです。

早速川に降りてみると前回とは異なり、釣具屋さんの言われていた通り羽虫がたくさん飛んでおり、いかにも釣れそうな雰囲気がムンムンしています。

ということで、早速ここで竿を出してみることにしました。

が、1時間ほど釣り上がるもまったくアタリはありません。
そもそも魚の気配がまったくない感じです。

実際には魚はいるのかもしれませんが、少なくともここでは無理!と思ったので、ここは早々にあきらめて違う川へと移動してみることにしました。

初の渓流魚!

移動した先は、以前からGoogleマップで目星を付けていた川で、実は前回の釣行でそこへ行こうとしたものの、その道中に雪が降り始めたので断念した川になります。

今回は非常に天気も良く、暖かい日差しが降り注いでおり、雪など降る気配はまったくありません。

初めての川に着いてみると、これぞ渓流!って感じで、いかにも魚がいそうな雰囲気が漂っています。

渓流
早速ここで竿を出してみることにします。

今回は市販の毛鉤と自作の毛鉤を持ってきていますが、まずはとにかく最初の一匹を手にしたい!ということで、市販の毛鉤でスタートします。

最初に行った川と違って、こちらはかなり大きな岩がごろごろしており、中には身を隠せるくらい大きな岩もあります。

そんな大きな岩に隠れつつ毛鉤を打ち込んでいきますが、その何度目かのキャストで毛鉤が水面に落ちた瞬間、パシャッとアタリらしき反応がありました。

渓流釣りを始めてから、初めて経験する生命反応です。
期待に胸が高鳴ります。

そして次に毛鉤を投げて水面を流した時、ついに明確な魚信がありました!

すかさず竿を立てると、魚がスポーンと飛んできました。
めっちゃ軽いけど、毛鉤には魚が食いついてぶら下がっています。

何が釣れた?待望のアマゴか?それにしては色が違うっぽいぞ?

釣れた魚を手にとってみると、こんな魚でした。

カワムツ01
どう見てもアマゴではありませんね。
あなたはなんていうお魚?(^^;;

いわゆるハイジャコってやつですか?

なんにせよ、初めてテンカラで釣れた魚です。
やっぱり嬉しいものですね。(^^)

よくわからないけど、持ち帰るサイズでもないし、本命のアマゴでもないので記念撮影だけしてリリースしました。

ともかくボウズは逃れたので実に喜ばしいことです。

ちなみにあとでツイッターで教えてもらいましたが、この魚はカワムツという名前だそうです。
勉強になります。(^^)

続けて釣れるも

とりあえずこの川には魚がいて、毛鉤に反応してくれることがわかったので、希望は持てます。

本命のアマゴを目指して、川を上りながら毛鉤を投げていきます。

すると、また反応がありました!

先ほどと同じくスポーンと飛んできたのは、やっぱりカワムツでした。

カワムツ02
ロッドと一緒に記念撮影。(^^)

この魚も小さいし、食べるつもりもないので、リリースです。

そこからまたしばらくすると、反応がありました。
今度はもっと小さいカワムツでした。

カワムツ03
釣った感覚もないくらい小さいですね。

これもリリースしましたが、ここでふと思いました。

そういや、市販の毛鉤ではこれで3匹釣れたけど、自分で巻いた毛鉤でも釣れるんだろうか?

早速、自分で巻いた毛鉤にチェンジして挑戦してみることにします。

同じように毛鉤を投げつつ川を上っていくと、反応がありました!

アワセるとまたスポーンと飛んできましたが、ちゃんと自作毛鉤に食いついていました!

カワムツ04
体の大きさに対してシルエットの大き目な毛鉤にでも食いついてくるんですね。

ネットには、テンカラ釣りでは毛鉤はそれっぽいものならなんでもいいとよく書いてありますが、本当にそうなのかもしれません。

こんなど素人が巻いた毛鉤でも釣れたんですから。

それにしても嬉しいですね!
こうなると、ますます毛鉤を自作したくなります。(^^)

もうちょっと真面目に毛鉤を巻くための道具を揃えてみようかなって思いました。

納竿へ

ここからもう少し釣り上がったところでちょうど昼になりましたが、昼ご飯を持ってきていなかったので、これで納竿することにしました。

それにアスレチック的に岩を登ったり降りたり、足元の悪い川の中を歩いたりするので、体力の落ちたおっさんには結構な運動量です。

無理しすぎるのも危険が危ないのでほどほどにしておこうと思いました。(^^;;

それにしても森林浴しながら、アスレチック的に体を動かしつつ、かつ釣りまで楽しめるなんて、なんてすばらしい趣味なんでしょう!(^^)

まとめ

ということで、ようやく渓流で初の魚が釣れたわけですが、本命のアマゴには出会えませんでした。

でもまだ渓流釣りを始めたばかりなので、まだまだこれからです。

アマゴを手にするまで、もっと渓流に通ってみようと思います。(^^)

↓こちらでAmazon内商品検索ができます。


コメント

タイトルとURLをコピーしました