【ショアジギング】18カルディアと18フリームス【リール編の追記】

アイキャッチ
スポンサード リンク

前回の記事では、ショアジギングに使うためのリールについて検討し、「新しいフリームスがものすごく軽くて良いんじゃないか?でもラインナップが未発表の新カルディアも気になる」と書きました。

その新しいカルディアのラインナップがついに発表になったので、今回は新フリームスとの比較をしてみたいと思います。

(画像出典:全てダイワのホームページより)

18カルディアと18フリームス

新たに発表されたカルディアとフリームスですが、もう皆さん既にチェックされてるとは思いますが、念のためダイワのホームページURLを貼っておきます。

まずは新カルディア。

18カルディア

注:特設サイトのためそのうちリンクが切れるかも。

次に新フリームス。
18フリームス

注:同じく特設サイトのためそのうちリンクが切れるかも。

やーどちらもカッコ良いリールですね。(^^)
カルディアのガンメタも、フリームスの渋いゴールドもとてもイケてます。

見た目はどちらを選んでも満足感は高そうですね。

スポンサード リンク

スペックを比較する

新しいこれらのリールはLT(LIGHT & TOUGH)と呼ばれる新たなコンセプトの下に設計されたもののようですが、その詳細については他のブログ等で散々解説がなされていると思うのでここでは省略します。

アイキャッチ

ここからは私がこれからやりたいと思っているショアジギング(あるいはライトショアジギング)に使うにはどちらが良さそうか、という点に絞って見ていきたいと思います。

スペックを抽出

前回と同様にカルディアとフリームスのそれぞれから、スペックデータを抽出してみました。

品名 巻取り
長さ
(cm)
ギヤ比 自重
(g)
最大
ドラグ力
(kg)
標準
糸巻き量
(号-m)
ベアリング
ボール/ローラー
ハンドル
ノブ仕様
参考価格
(楽天調べ)
18 フリームス
LT4000D-CXH
99 6.2 240 12 2.0-300 5/1 T型ラージ 13,986
18 カルディア
LT4000-CXH
99 6.2 225 12 2.0-170 6/1 T型ラージ 22,896
18 カルディア
LT5000-CXH
105 6.2 240 12 2.0-350 6/1 パワーライトL 24,451

表は横スクロールできます→

こうやって並べてみると、同じLT4000番でもカルディアとフリームスではスプールが異なることで、PE2.0号の巻ける容量が異なっていることがわかります。
PE2.0号で300m以上巻こうとするなら、カルディアはもうワンサイズ上のLT5000番になりますね。

重量を見てみるとフリームスのLT4000とカルディアのLT5000が同じ重さですね。
サイズが上がっても同じ重量ってことは、カルディアはフリームスよりさらに軽く出来てるってことなのでしょうか。

ハンドルノブに注目

あと前回は着目してませんでしたが、ハンドルノブの形状にも違いがあります。
いずれもLT4000番はT型ラージであるのに対し、カルディアのLT5000番にはパワーライトLが採用されてます。

T型ラージ

T型ラージ:大きなT型ノブはしっかり握りやすい設計。シーバスのパワースタイル等に最適。

パワーライトL

パワーライトL:ショアジギングやライトジギングにおすすめ。高強度アルミがインサートされたEVA製ノブ。

これらの説明文によれば、LT4000番にT型ラージが採用されているということは、シーバス用途をターゲットとして設計されており、LT5000番はショアジギをターゲットにしている、ということなのかもしれません。

どれを選ぶか?

さて、ここまで見てきたところでは、カルディアのLT5000がフリームスのLT4000と同じ重量だし、巻き取り量も大きいし、ショアジギでの使用を意識したパワーハンドルLが搭載されているということで、これは是非カルディアLT5000を購入したい!と言いたいところです。

だがしかし!

問題は価格です。
フリームスLT4000Dに対しカルディアLT5000は1万円以上も高価です。
この1万円を高いと見るか安いと見るか、、、。

長く使うものになるのであればここで奮発しておくのも良いのではないかとも思うし、「いややっぱりショアジギは性に合わないわ」となるかもしれないことを考えると、イニシャルコストは安くあげておく方が良いのかもしれないし。

さー、どうしたもんか悩みますね。

現物を見て決めよう

前回の記事において、

リールは軽い方が良いとの事ですが、ロッドとのタックルバランスで重心が前になると先重りとなる場合があるので、購入するロッドに装着してみてバランスの合ったリールを選ぶ方が良いかも知れません。

コメント:khiroさん

とのコメントを頂きました。

なるほど確かにその通りですよね。
やはり現物を触って、ロッドとリールを組み合わせて重量バランスなども実際に体感してみないとわからないと思われます。
ひょっとしたらバランス的にはもう少し重いリールの方が良かった、なんてこともあるかもしれません。

たまたま昨日、近所にある釣具のポイントさんに買い物に行った際にリールのショーケースを覗いてみたところ、既にフリームスのLT4000D-CXHが入荷していました。

これは早速試してみたいと店員さんに声をかけるも、残念ながら組み合わせたいロッド「ジグキャスター MX 96M」の在庫が無いとのこと。

「近隣店舗にあるので取り寄せましょうか?」とのことでしたが、まだすぐに買うと決まったわけでもないし、できればセールを利用して少しでも安く買いたいと思っているし、ショアジギシーズンはまだ先だし、できればカルディアも実際に触ってみたいし、ということで今回はお断りしました。

次のセールは4月頃を見込んでいるということですので、その頃までにはカルディアも在庫が揃うことでしょうから、実際に触って比較してどちらにするか決めたいと思います。

まとめ

ということで、今回はどちらを買うか、あるいは別のリールを買うことになるのかは決まりませんでしたが、こうやって道具を吟味している時間もまた楽しいものですよね。

まだまだシーズンまでは時間があるので、じっくりと検討していこうと思います。(^^)

スポンサード リンク

↓こちらでAmazon内商品検索ができます。