【ヌルヌルするけど】足元で大量に釣れたもの【美味しいよ】

アイキャッチルアーフィッシング

息子が『サヨリ釣りたい』というので、午前中は相生の方へ釣りに出かけました。

しかし強風で寒いのと、仕掛けが流されるのと、いくら撒き餌しても魚が寄ってこないのとであえなく撃沈に終わりました。
よって今回この話は割愛します。(笑)

当然ながら息子は納得いかないようなので、仕方なく近所の漁港で風裏になるところを見つけ、そこでやってみることにしました。

しかし、やはりそこにはサヨリはおらず、仕方なく足元にウジャウジャいるあるものを釣ることにしました。

注:アイキャッチ画像はイメージです。実際は曇天の強風でした。こんな天気ならよかったんですが。

使用タックル

ロッド:タカミヤ SmileShip チョイ投げロッド&リールセット
リール:タカミヤ SmileShip チョイ投げロッド&リールセット
ライン:ナイロン3号
仕掛け:タカミヤのサビキ
撒き餌:無し
付け餌:無し

釣り開始

2016年11月6日(日) 10:00〜15:00   曇り 風強い

ということで、めちゃお手軽セットで釣ります。

こいつらを釣るのに撒き餌も付け餌もいりません。
サビキを足元に落として軽くシャクるだけで鈴成りに釣れるもの。

それは。

ヒイラギ。

しかも超小さいやつばっか。

息子が釣り、鈴成りになったやつを父ちゃんが外す。

この作業を延々繰り返し、最終的に釣れたのはヒイラギ61匹。(+父ちゃんが合間にちょい投げで釣ったハゼ1匹)

息子は嬉々としてヒイラギを釣り上げてましたので、満足いくまでやらせようかとも思いましたが、そのままほっとくと100匹は軽く超えそうだったので、途中で説得してやめさせました。

だって持って帰って全部捌くのは父ちゃんなんですから。(汗)

自宅にて

ヒイラギ61匹(+ハゼ1匹)はこんな感じです。
大して多くないように見えますが、実は結構多いです。(笑)

ヒイラギ釣果

お手軽調理方法

とりあえずこいつらをボウルに入れて粗塩を適量ぶっかけます。
そして二本のスプーンを両手に持ってワッシャワッシャとかき混ぜます。

あ、これはくれぐれも素手ではやらないようにして下さい。
ヒイラギの背ビレには硬いトゲがあるので手に刺さりまくりますよ。

すると大量のネバネバが出てきますので、これをザルに入れて洗い流します。
ネバネバが無くなればオッケーですが、少しくらい残ってても大丈夫です。
捌く時にちょっとヌルヌルするだけです(笑)

そしたら頭を落として、包丁の先で内臓をかき出し、ついでに背ビレのトゲも切り落とします。

最後にもう一度ザルに入れてざっと水洗いしたら片栗粉をまぶして素揚げにします。
片栗粉をまぶす前に軽く塩コショウを振って味付けするといいと思います。

素揚げは低温でじっくりと行うと骨までサックサクになります。

そしてできたのがこちら。

ヒイラギ素揚げ

揚げながらいくつかつまみ食いしたのでちょっと数が減ってます。
だって揚げたてがすげー美味いんだもん。(笑)

尚、右側の方のやつは片栗粉を付けずにそのまま揚げてみたものですが、これもサックリしてて美味いです。
ただ、これは揚げてるうちに皮が剥がれてくるのが難点です。

ともかく、ビールのアテには最高の一品になりました。

ヒイラギ超おすすめです

釣りに行ってボウズくらって、持って帰るものが何もない!って時にはヒイラギがいいかもですよ。
エサを使い果たしてても、安物サビキが一つあればいくらでも釣れますから。

たくさん釣って、捌いて片栗粉まぶした状態で冷凍しておくのもいいかもしれないですね。
何か酒のアテがないかな?って時にサッと揚げれば立派なおつまみの完成です。

ということで、いつもは不遇な扱いを受けているヒイラギを見直した一日でした。

↓こちらでAmazon内商品検索ができます。


コメント

  1. koji より:

    おはようございます。

    これの事だったんですね。

    子供を連れて行くと、絶対何かを釣らないと次の釣行が難しくなるので大変ですよね。

    でもこれでつぎの釣行もアリですね。

    ヒイラギ食べた事ないのですが美味しいと聞きます。

    ただ、下準備ががメンドクサイと・・・

    数釣ればどんな魚でもメンドクサイので同じですけどね。

    サヨリ残念でしたね。

    あそこは数釣りが出来ると思いますので、また挑戦してみて下さい!

    • てぃーく より:

      > kojiさん
      コメントありがとうございます。

      ヒイラギ美味いですよ。
      今回初めて食べましたが、これはなかなかイケると思いました。
      下処理も思ったほど大変ではないです。
      多分サヨリ10匹刺身にするより、ヒイラギ100匹素揚げにする方が早いかもです。

      ぜひ一度試してみて下さい。

      相生はまた近々リベンジしたいと思います!

  2. ホワイト より:

    こんにちは。
    ヒイラギ揚げたの美味しいです。
    私もオススメ🎵
    釣ったときはヌルヌルでイヤ~になりますが、スナック感覚でバリバリ食べちゃいます。ビールが進みますね。

    • てぃーく より:

      > ホワイトさん
      コメントありがとうございます。

      ですよね。
      ヒイラギ美味いですよね。
      居酒屋のおつまみメニューにしてもいいんじゃないかと思います。

      今ふと思いつきましたが、アジの南蛮漬けみたいにしてもいいかもしれないですが、頭ごといけるんでしょうかね。

      • ホワイト より:

        ヒイラギ南蛮漬けは考えてなかったです。頭なしだと一手間だけで良さそうですが、頭残してワタだけ出す。ってのは、あのサイズでは面倒臭そうです。ヒレのトゲトゲ落としといい、小さいくせにどこまで手間かけさすねんてなりますね(笑)
        私はやる気力ないですけど(笑)

        • てぃーく より:

          確かにあのサイズでワタだけ取り除くのはしんどそうですね。
          やっぱり普通にサックリ揚げてビールのアテにするのがいいかもですね。

  3. ホワイト より:

    私は以前、サビキに行って、ヒイラギしか釣れないから、イラっときて、コイツら食っちゃる💢😠💢
    と思い唐揚げして食べたら結構いけるやん🎵てなりました。たしかクックパッドに載ってたような気がします。
    なんでもやってみるもんだと思いました。

    • てぃーく より:

      私がよく見に行くブログのブロガーさんはゴンズイをよく調理されてますね。
      さすがにゴンズイ(毒魚)まで調理して食べようとは思わないですが、誰か調理してくれるなら食べてみたいですね。
      なんでも食ってみれば意外に美味いのかもしれません。(そうでもない?)

  4. 美味しいですよね。
    うちもよくネンブツダイとか揚げて食べてます。
    ゴンズイも美味しいですよ。刺されないようにだけ注意ですが。
    アイゴとかも。ハオコゼはどうしようもないですが…。

    • てぃーく より:

      > ふぐつかいさん
      コメントありがとうございます。

      幸い、これまでに一度も毒魚は釣ったことありません。
      釣れても即ポイすると思いますが。
      できればこれからもあまり釣りたくはないです。

タイトルとURLをコピーしました