【また買っちまった】へドン ザラパピー メバルカスタム【INX.label】

スポンサード リンク

 

お金もないし、釣るウデも無いというのにまたまたヤラれちゃいましたよ。
何にヤラれたかというと、レオン氏によってカスタムされたザラパピーにです。

これまでさんざんプラグ買いまくってるのに、一向にそれらで釣れたというブログ記事がアップされないことからもお分り頂けると思いますが、プラグではまあほとんど釣れてません。
プラグ以外でも釣れてないんですけどね。(^^;;

なので、さすがにこのビッグプラグだけには手を出すまいと思っていたのですが、『新色追加』との単語にあっさりとヤラれてしまいました。
気がつけば、あ、ポチっとな。\(^o^)/

まあ買っちゃったものは仕方ないので、簡単ですがご紹介しておきたいと思います。

パッケージ

まずはパッケージからです。

パッケージ外観
レオン氏のプラグカスタムは市販のルアーを買ってきて、パッケージからルアーを取り出してカスタムを施し、そしてまた元のパッケージに戻してシールで封をするという手法で行われます。

なので、届いたパッケージには開封された跡があります。

開封跡
オレンジ色の『INX.label』と書いてあるシールで再度封がされています。

それではパッケージからルアーを取り出してみたいと思います。

外観

ルアーの外観はこんな感じです。

ルアー外観
これまではザラパピー メバルカスタムのカラーは『Clear』の1色のみしかありませんでしたが、今回新色が追加されました。

ちなみにこのカラーの名前ですが、『Glitter Shad』とFish.inのサイトには書かれていますが、ヘドンの公式ページには下の画像の通り『Flitter Shad』となっています。

Flitter ShadSMITHの公式サイトより転載

それぞれを意味を調べて見ると、

glitter
【名】
〔反射した光の〕輝き、きらめき
〔見掛け倒しの〕華やかさ、魅力
〔装飾用の〕グリッター◆光を反射する小さな素材

flitter
【1名】
ひらひら動く[飛び回る]もの
【2名】
金属箔

出典:英辞郎 on the WEB

ということで、どちらも似たような意味になっています。

意図的に名前を変えているのか、fとgを間違えたにも関わらず偶然似たような意味だったので問題がなかっただけなのか、どちらなんでしょうね。

スポンサード リンク

名前の由来

GlitterにしろFlitterにしろ、いずれも「キラキラしたもの」というような意味を持っていますが、その由来となるのはボディに散りばめられたフレーク状の反射体です。

ボディ拡大
キラキラと光を反射する薄片がボディの両サイドに接着されています。
触ると当然ながらザラザラ(シャレにあらずw)というかデコボコしています。
なんだかそのうちポロポロと取れてなくなってしまいそうな感じがしますが、大丈夫なんでしょうか?

ボディ上部

ボディ上部にはハニカム状の模様がプリントされています。
魚のウロコのイメージですね。

ボディ上部
この写真からもフレークのデコボコ感がよく伝わるのではないかと思います。

ボディ下部

ボディ下部にもうっすらとハニカム模様がプリントされていますが、やや透けており光が透過するようになっています。

ボディ下部

カスタムの内容

カスタムの内容としては下記の2点が施されていると思われます。

フックとリングの交換

【フック&リング】
ザラパピーは基本的にはオリジナルそのままでもメバルトップとして通用する。しかしベストを求めるならやはりフックとリングはこだわりを持って交換したい。
フックはオリジナルの8番から「スミスメバルフックRD10番」へ、スプリットリングはオリジナルの2番から「デコイスプリットリングR-1#1」へ換装。

引用元:Fish.in 公式サイト

ケイムラ塗装

【ケイムラコート】
メバルトップはクリアーボディが標準的だが、店主がさらにザラパピーにベストを求めて行き着いたカスタムが「ケイムラコート」だった。シンプルなClear+ケイムラコートと、Glitter Shad+ケイムラコートは紫外線下で見ると中々面白い。ベイトフィッシュパターンやプランクトンパターンでそれぞれ活躍するだろう。

引用元:Fish.in 公式サイト

ケイムラコートFish.in 公式サイトより転載

まとめ

ということで『ザラパピー メバルカスタム』について紹介してみましたが、メバル用ルアーとしてはかなりの大型になるため、これで本当に釣れるのか?というのが最も気になるところではあります。

ただでさえあれやこれやと手持ちのプラグを投げ倒してもほとんど釣れないのに、ましてやこんなにデカいプラグですからね。
レオン氏が言われるように、まず一匹釣ってみないと心から納得はできないでしょうね。

ただ、「メバルはビッグプラグで釣れます!」「どこの海でもプラグで釣れるんです。だってメバルなんだから。」と豪語されるレオン氏ですが、そこまでおっしゃるのなら私のよく行く釣り場でも一度やってみて欲しいところです。

多分、レオン氏でも釣れません。根拠はありませんが、なんかそれだけはめっちゃ自信あります。

もし私のよく行く釣り場でメバルプラッギング講座ばりの爆釣劇が展開されるなら、目でピーナッツ噛むどころか、目でピスタチオの殻割ってみせますよ。(笑)

 

 

 

なんて、いやすんません、嘘です。ごめんなさい。

レオン氏なら「ほらほら〜、釣れるじゃーん」とか言いながら平然とバカスカ釣ってしまいそうなので、やっぱしょーもない賭けはやめときます。(^^;;;

さー、この週末はザラパピーでも投げに行ってみるかな〜。♪〜(´ε` )


にほんブログ村 釣りブログへ

スポンサード リンク

コメント

  1. arch より:

    コメント失礼します。
    プラグパッケージにはGlitter Shadと書かれてますよね?
    ケイムラウレタンコートされてますから反射片は取れにくいと思いますよ。
    私もどっぷりINX.labelプラグにはまってます。
    きっと釣れますよ、信じて使いましょう!
    釣果報告楽しみのしています。

    1. てぃーく より:

      お返事遅くなりました。すみません。
      コメントありがとうございます。
      ホントですね、パッケージみてみたらGlitterになってますね。
      じゃSMITHのサイトが間違ってるのかな?
      残念ながらこの週末はエサ釣りに終始したのでルアーは投げませんでした。
      また来週あたりプラッギングに挑戦したいと思います。(^^)

コメントを残す